FC2ブログ

Garakutaya 

かなりマイペースですが創作状況を主に更新してます

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうひとつの小説「restoration」のお話「キャラクターその一」

20130418 50



おぉぉぉおひさし鰤に更新です。


ひえ~…前回更新してから1ヶ月以内に…と思ってブログの記事を書き出したら

書いてる間に1ヶ月過ぎてしまいました。 トホホ(;´д`)=3

あれからすぐ更新するとか言いつつ、体調崩したり、プライベートの用事が立て込んでたり

依頼のイラストを描いていて(現在進行中…)

全然更新するタイミングがなかったのですが、落書きすら出来る時間がなくて、ストレス溜まってアレですね、

やっちゃいましたね…落書き…↑


せっかくだからちょっと時間を作ってブログも更新して、オリジナルの裏話と今まで公開してない

裏やり取りで使ってる絵とか、載せていこうかな~と思います。

恐らく長くなると思いますので、今回から数回に分けて更新していきたいと思います。

お暇つぶしにでも見て頂き、もしよろしければ感想など頂けると、幸いです。

わたしも小説書いてくださってるここのつ様も喜びます(笑)


とはいえ、所詮趣味でやってる事なので、出来がどうとかあまり拘ってません。

プロでもあるまいし、要は自分たちが楽しければそれでいいのですが、そんな遊びで作ってるものを

また誰かが見てくださって、たった一人でも楽しんで頂けるのであれば、これ以上のものはないと思います。

(それくらいしかネタなくて、すんまてん…(´-`))






今日はわたしが前々からずっとやっているオリジナルのお話ですね。

pixivでご覧いただいた方はご存知かと思います。




これは一応今表向き活動してる方の作品なのですが、

わたしが初めにできればこの設定を元にお話を…と作って頂いてまして、

新規キャンバス55_min


実は、同じメインキャラを使った全く別物のお話が、これまた水面下で動いております。

恐らく知ってる人はもしかしたらいるかもしれないんですけど、ず~~っとここ半年沈黙が続き(笑)

でもお互いそれなりに書いてたりして、今年に入ってから一応おおまかにストーリーが最後までできてきて

最近、一話目の草稿を頂きました。

メインキャラ、主人公、仲間、マスコット的なキャラは、そのまま使って頂いて、ストーリー別でその他の

脇役を新しく作って好きなように書いていただいてます。


今日紹介させていただこうと思っているのが、pixivの方とは違う「もう一つのrestoration」の

キャラクター紹介です。


とはいえ、キャラだけ載せてもあれ~~なんかイマイチイメージが湧かないよなぁ…とわたしも思うので、

まだ決定ではないですが、一部文章も載せてみようと思います。

今回載せてるのは、本編の7年前の内容になってます。

主人公が見た目青年(17歳)で中身が(10歳)子供なのと、

敵役になるフルグルが見た目少年で成長しないという設定
なので、

どちらの話もこの7年をどうするのか…という…(笑)すみませんホントww←まるっと他人事だよ


それでは、拙い説明付きで申し訳ないですが、どうぞ…↓











■ Restration(



 
鐘の音が三度鳴る。

 カナンジュの町を象徴する大鐘楼からの音は町全域に響き渡り、城壁内外のあまねく人に時刻を告げる。正午にはまだすこし早い頃だった。



 男が一人、暖炉からの明かりを頼りに本を読んでいた。窓は閉じられ薄暗い中、
男の吹かす葉巻の煙が静かにゆらめく。



 椅子に深く掛けた男の膝の上にあったのは絵草紙だった。このドゥシュマの国で知らぬものない、
おとぎ話の本。




 

 
子供の頃に誰もが耳にし、取るに足らない昔話だとあえてまともに取り合う者も少ない。


にもかかわらず、この男は、実に興味深く本をめくっていた。常の人に見えない、何かを見ているがごとくに。



20130424 60_min

 






大鐘楼からいくらも離れた町の居住区は、日暮れ前ということもあり
ほとんど人通りは絶えていた。


年期を経た石畳に靴を踏み鳴らし、フルグルは黙々と家路を急いでいた。


 やがて居住区の中心部に建つ、周囲の建物と比べるといくらも豪奢な一軒家にたどり着く。
白亜の壁に赤煉瓦の屋根が彩りを添える屋敷の、鉄柵に囲われた小さな庭の花をちらと一瞥し、玄関の戸をくぐると丁度居間から土間に顔を出す男があった。立ち止まって靴を脱ぎ、フルグルはその男に声をかける。


「……オットー、ただいま」


 右頬の側だけ長く伸ばされた髪を揺らし、その男、オットー・マテウスが振り向く。
藻の茂る淀んだ沼地の水を思わせる深く暗い緑の髪が右目にかかり、その髪の奥から、やはり深い緑色をした眼がフルグルを捉える。
頬がこけ、肌の色も白く骨張ったその相貌はどこか蛇を思わせた。



20130424 2 60_min




間もなくオットーは玄関広間の奥へと向き直る。


吸いさしの葉巻を口から離して暖炉に投げ込み、玄関口の少年には興味もないという風で、さも面倒だとばかり抑揚のない声を上げる。


「帰ったのか。食事ならできてるから勝手に食べていろ。少し出払う用事がある」


 言って、壁に掛けた茶の外套を羽織る。じっと自分の姿を見るフルグルをなきがごとくにゆるりと歩み、オットーは土間に置かれたブーツを履いた。


「……そうなんだ。商会のお仕事なの? ……忙しいみたいだね」


「ああそうだ。明後日には王がお越しになり、騎士団を動員したパレードが開かれる。色々と下準備があってな、我らがエドギータ商会の威信にも関わる大仕事だ。……そうだ、明日はお前にも用事を頼みたい」


「あ……わかった」


 フルグルは少し肩を落として答える。オットーはそれに目もくれず、玄関のドアノブに手をかけた。



「詳しいことは明日話す。早く寝ていろ」


「ねえ、オットー」

 
ノブを回しかけた手が止まる。オットーは首だけ回し、肩越しに横目でフルグルを見た。無言のまま視線だけを向けるオットーに、フルグルはおずおずと口を開く。













2013042260%_min



小説の文章はかなり端折ってます(笑)

この男、オットー・マテウスという人物がまず出てくるのですが、かなり怪しい男です…とだけとりあえず説明。

というか、ここに↑もう「思想が破滅的」とか書いてるのでバレバレですが、いい人ではないですねw

悪い人…というか、悪いことは実際やってるんですけど、何考えてるかイマイチわからない薄気味悪い男…

というのがあってるかなと思います。

そして主人公とのちに敵対するフルグルを拾った男でもあります。

親子関係ではありませんし、まして親としての役割は果たしてないと思われます(笑)



オットーとフルグル4 50_min



先程も書きましたが、二つのお話のうち共通する「見た目が子供のまま成長しない少年」という設定で、

双方共もちろん主人公の所謂敵役になるわけなのですが、こちらのフルグルに至っては、

この怪しいおじさんに拾われたせいで、自分の過去も相まって、

人生かなり狂わされる運命にあるようです(結構可哀想)


因みにもう一つの方のフルグルは根っからの「俺様」タイプなので、また違った感じになってます。

なので、わたし的には、主人公は、どちらも根本的に性格など似てる部分があるのかな~と思うんですけど、
(というかわたしが主人公の能天気な性格を設定してあったので、どちらもそれで書いてくださってるようです)


フルグルはまた違った形で見れるので、非常に楽しいです。

(どっちの話も最終的にオギャーーってなっちゃうんでしょうけどw)


…ってこんな感じでいいのかな…

日本語おかしかったらすみません(笑)

小学生レベルの説明かもしれない…ここのつさんが見てる「かも」しれないので、先に謝っておきます。

あと、書きながら「やべ…」と思ったんですが、わたしの頭の中で勝手に「この世界土足!」みたいなのが

出来上がってて、作中に「土間でブーツ履く」とか出てきて「ファッ!!?ってなりました。

ごべんなざい…←反省してない 

てゆーか、靴脱いだ方がいいんですかね…家の中素足なんですかね…まさかスリッパとか粋なもの

登場しないですよね(笑)

靴脱ぐとか脱がないとか、なんか全くどーでもいい所なんですけど、その辺また教えて頂きたいですw

という事で、早くも本文と絵との食い違いが出てきてますが、その辺は気にせずに…(笑)



オットーは、ここのつさんが作られたキャラクターなのですが、ご本人もわたしも好きなキャラクターです。

つかみどころのないフワフワした…変なおっさん…いいです…w

イメージも何も頂いてなくて、その気持ち悪い感じだけ文章から読み取れたので(笑)

ここのつさんにキャラの外見とかお伺いしないまま勝手にイメージして思いつくままに描いてしまったんですが、

特に「違う…」とも言われずwここまできてしまい、小説の中でもこのワカメみたいな髪型とか(←ワカメとか書いてないよ)

そのまま表現して頂いてて(笑)恐縮です…(気に入ってもらえたのかどうなのか…)

わたし個人的に気に入ってるんですけどね。「右だけ伸びたワカメヘアー」…←こう書くとダメですね










そんな訳で、「ここのつ」様の「restoration」のキャラクター設定 その一

「オットー・マテウス」でした(笑)


実はシーンの切り取り漫画的なものと、本当は3人位まで紹介できるかと思ったんですが、

予想以上に長くなったのとオットーとフルグルだけのイラスト追加したりしてたので、場所摂り過ぎましたw




とりあえず一人ずつ位で地味に更新して行こうと思います。

ここ数日頑張ってオットーさん追加してたんで、これで少しは雰囲気掴んでもらえれば幸いです(笑)


では、また仕事の合間に更新します…。


オットーとフルグル5 60_min
(世界背景が趣味全開で勝手にフランス系で描いてるんですが、いいのだろうか…どうですかここのつさん…w)









スポンサーサイト
Comments

Body
access
Smokefall/novel
the latest monologue

Twitter

profile

十音馬鹿 らびまる

Author:十音馬鹿 らびまる
 「画楽駄屋」

2010年~絵描き復活して万年修行中

オリジナルメインでたまに版権描き

アニメとか漫画の話題に結構疎いです

☆インテリア/雑貨/犬/服飾/アート
/写真/ロック/ナチュラル すきです☆


mail form
お仕事などの依頼はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

Favorite item



Intuos5 touch PTH-650/K0
  
                                       
CLIP STUDIO PAINT PRO

IllustStudio

ComicStudioPro 4.0

Adobe Photoshop CS6 Windows版

search
QRcodes
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。