FC2ブログ

Garakutaya 

かなりマイペースですが創作状況を主に更新してます

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイキングっぽいなにか…(後編)

001_min.jpg


「メイキング(後編)」でございます。

前回の前編では、簡単に作業の流れをご紹介させて頂きましたが、

今回は少し絵を描かない人にとってはなんのこっちゃわからん内容ばかりだと思います。


だいたい絵といえば、そもそも紙と鉛筆さえあれば誰でも描いて楽しめるものですが、

デジタルになってから、アナログでは難しかった表現の幅がぐ~~~~~~~~んと身近なものとなりました。

それなりに線画がかければ、あとはデジタル魔法でキラキラさせたり、ぼかしたりできるワケですね。

それでもやっぱりキラキラ(光)にもボケにもちゃんと意味があってなぜここが光ってるのか

なぜここがボケてるのかという所をですね、理解して表現できるようになれば、

これまたもっとステキな絵が描けるんではないかとわたくしは思い、日々観察しているのですが、

なかなか普通に目に飛び込んでくるものをいつもと違った視点で観察するというのは簡単な様で難しいものです。

そんな専門知識をどこで手に入れればいいのかといろんな本を漁っては読み、ステキなイラストを見ては

眺めたり…そんな繰り返しをしています。

それでも、まだこれっぽっちしか引き出しには入っていません。

なんということだ…デジタルだと簡単にできるんじゃなかったのか!!(笑)

という…事でですね、これっぽっちの知識ですが、わたしが普段使ったり使わなかったりのフィルターや

光源についてなどを今回は少しまとめてみました。

実際、「絵を描く」という内容からはずれた話になりますが、表現する上でこれは避けて通れない分野だと

思いますので、知っていて損はないはず……多分(笑)

因みに今回枚数が多くて結構解像度落としてます。少々画質がよろしくありませんが、ご了承ください。

(またどっかで気が向いたら解像度あげてアップロードするかもです)

それでは、相変わらずよくわからない説明だとは思いますが、参考になれば幸いです。


※下書き、ペン入れについては、前編でやってるので飛ばします。





003_min.jpg


隙間ができないように、きっちり下塗りしまします。






004_min.jpg

今回は前回とは違ったヘンテコなブラシを使ってます。

好んでわざと少し境界線が残るタイプを選んだりします。

(後半でつるつるした塗り方で塗ったのも塗り比べてます)

ツールに慣れたら自分でブラシを作ったりして個性を出すというのもこれまた一つの武器ではないかと…

●消しゴムについて●

わたしがカラー着色で消しゴムをあまり使わないのは、消しゴムはごっそり消すか、

ぼかして消すといった決まったストロークでしか消すことができない所、

ブラシのカラーをオフにする事によって、ブラシのストロークで消す事ができる為です。

勿論ガッツリ消したい時は普通に消しゴム使います。






005_min.jpg

なんだか一気にブッ飛んだ感があるかもしれませんが、影の描き込みとハイライトだけでここまで

変わるという事です。その他に難しい事は何もしていません。

という事は、つまり影と光がそれだけ重要だという事です。

どこが凹んでいてどこが飛び出ているのか、どこが一番影が濃くてどこが一番明るくなって、どこがボケるのかを

塗りながら常に考えてます(つもりですw)





   「光源」と「影」について


006_min2.jpg
 
ここからなんかメンドクサイ説明になってます。

最低限これだけ知ってたらなんとかなるレベルの内容だと思ってます(笑)







007_min.jpg



環境光や反射光もこれだけ知ってたら、まぁ多分なんとかなると思ってます(笑)←いい加減

自分で書いててなんですが「上向きの影」という奴がイマイチなんで上向きなの?と思うのですが、

下は土があれば、土色(暖色)に影響されるだとか…なんとか、確かに絵画を見てもまぁそんな感じでした。

実際ここまでくると人物というより、人物や物が周りの環境にどれだけ影響されているのかというレベルの話です。

人しか描かない方にはあまり関係ないかもしれないです。

いや、それでも光を描くなら影はつきものですね!洋服にだって色はありますから、洋服の色が肌に反射する

など考えられます。

まぁ、そこまで細かく表現してる人はそう見かけないですが…(笑)

もっと言えば、肌も直射日光に当てるとほんのり透けてるんです。

それを表現してる方がいて、これはすんばらしいな…と感動しましたが、そこまでリアルに表現する必要が

あるのかないのかは、その人と絵柄次第だなと思いました。

知識としてはいいもの見せて頂きました。









008_min.jpg


3分クッキング的な…








せっかくなんでなんちゃって背景を描いておきます。


009_min.jpg







010_min.jpg





011_min.jpg



パース線についてはかなり割合してます。







012_min.jpg





013_min.jpg









014_min.jpg



意外とここからが変に時間かかったりします↓




015_min.jpg

手前からこの完成までの工程は、なんというかもう自分の納得いくまでいじるしかないんですが、

できる事を覚えると無駄に色々しすぎてかえって仕上がり悪くなったりしかねないので、気をつけたいと

いつも肝に銘じてはいるのですが、途中で一体どこへ向かってるんだい…という空間に紛れ込んだりします。








016_min.jpg





「グロー」っぽいフィルターについて


017_min.jpg








018_min.jpg







019_min.jpg









020_min.jpg








いかがでしたでしょうか。

もうなんか結局どうなのよ…サッパリわかんないわよ…という声が聞こえてきそうですが、

あとがきでも述べてるように、わたし用にまとめたみたいな記事になってます。

3年4年でこれくらいは身につくよ…という例です(笑)

なので、一枚の絵を完成させるのにどれだけのデッサン力と、どれだけの知識と時間が必要になるのか考えると

なかなか「ちょっとアンタ、パパッと描いてみなさいよ」と言われて辛い人の気持ちがわかるのではないでしょうか(笑)

まぁ、でも当然これらを、いえ、これ以上の知識と技術をもって、パパッと描けるプロは沢山いらっしゃいますけどね。

でも全く知らない人からしたら、今回これだけ描いても簡単にまとめた程度なんでどれくらい苦労してるのかは

少しでもわかっていただけたのではないでしょうか(笑)

人物、背景、デッサン、パース、構図、カラー、効果…まだまだ沢山の事をそれぞれの分野で並行して追求しながら

学習していかないと結局描きたいものはすべて描けないんだなぁ…とやっと気づき始めたのが数年前なので、

きっと死ぬまで描いてるとしたら死ぬまで勉強してるんだろうと思います。


これだけしてると、普段外を歩いていても、全然普通の人と見てるところが違う自分がいるのがたまに気持ち悪く

感じる事さえあります。

TVを見てても、映画を見てても、ふと違う所を見てます。

で、肝心の話(ストーリー)聞いてなかったり(笑)

ある意味病気みたいなもんですね

という訳で、メイキングは予想以上に時間がかかってもう当分めんどくさすぎてやらないと思いますが、

楽しんで頂けたら幸いです。

次回はまた創作日記に戻ります。






最後に…

来年は、今取り掛かってる小説のコラボ作品も本番に入る予定なので、本腰いれて頑張らないといけない為

ちょっとしばらくツイッターも離れて、作品作りに集中したいと思います。

このブログのカウンターが何故かちゃんと回ってるのはどこから訪問してくださってる方々なのか

未だによくわかっていませんが、

いつも拍手を押してくださってる方、ありがとうございます…。

お礼が今になって申し訳ありません。

コメントなんて大それたものいらないです(あったらそれは嬉しすぎますが)

見ましたよ!っていう拍手一つでとても励みになります。

そしてまた見て頂けるとありがたい限りです。


スポンサーサイト

メイキングっぽいなにか…(前編)

表紙840


こんにちは。

今日は久しぶりに版権ものでメイキング(っぽい)ものを持ってきました。

準備に時間がかかってしまいましたが、とりあえず色々書いてるとすごいページ数になってしまったので、

前編と後編に分けてアップロードしたいと思います。

とはいえ、今回の前編はかなり説明が簡単です。

ただ、わたしの作業工程を流してるだけのようなものになりますが、後編ではもう少し踏み入った内容に

なっております。

今まで書いた事なかったんですが「光源」についてと「フィルター」、「のっぺりする絵とは…」などなどです。

同じ線画で塗り分けもいくつかやってみましたし、これはまさにわたし自身を見つめ直す為だけに作成されたような

もので(笑)

まぁ、でも全然知らない人にとっては、ちょっとでもお役に立つかもしれない…かもしれない。

なんて思いつつ、作ってあります。

今日は、その前に簡単に作業の流れを見ていただけたらいいかなと思いますので宜しくお願いいたします。


因みに、すべてソフトは「CLIP STUDIO PAINT EX」にて作成しております。

フォトショはあえて使っていません。

クリスタだけでどれだけできるかな~という試みでもあります(笑)

フォトショで元々描いてらっしゃる方には、なんて簡単な…と思われるかもしれませんが、

クリスタもなかなか使えます。

加工はやはりフォトショにはちょいと?及びませんが、それなりにできます(笑)

それでは、かる~い感じで見て頂けると幸いです。









1.下書き

1_min.jpg





2.ペン入れ



2_min.jpg




3.着色


3_min.jpg





4_min.jpg







5_min.jpg





4.仕上げ作業

7_min.jpg





5.背景

8_min.jpg


9_min.jpg


10_min.jpg


11_min.jpg


12_min.jpg


13_min.jpg


14_min.jpg










15_min.jpg




かなり端折った感が否めません。

無駄に長くてもね、というか、普段オリジナルの創作記事なんて無駄に長い以外の何者でもないんですけどね!
もっと記事分ければいいじゃんって話なんですが(笑)


2ヶ月に1回ペースの更新野郎にそんな細かくアップロードできるマメさもなく…

ま、ま、次回はもうちょっと内容マシなんで今日はこれくらいで勘弁してください。


それでは、また近いうちに後編を更新させて頂きたいと思います。

「今回の記事に関して」クリスタで何か質問がございましたら、できる範囲内でお答えさせて頂きます。


色々試しつつ、ゆるっと更新

20130113ソル


今日は特に何も作品できてないので、落書きでゆるっと更新です。

先週新年の挨拶で更新して、1週間経ちましたが、この1週間非常に外出ばっかしててほとんど

作業ができず、昨日と今日ようやく落ち着いて学習すべく色々試している所です。


といっても、何学習してんだって、特に何ってないんですが(笑)

ずっと仕事絵やら、年賀状やら、完成させなければいけないものを描いてたんですが、

そうじゃなくって、完成しなくてもいいものを色々描きたかったんですよね。


ま、変な言い方になっちゃいますけど。


例えば、どうしても最後まで完成させなければいけないモノというのは、実力はどうあれ

最後までやり遂げるという事が重要な訳ですが、

勿論それをまいどまいどやり続ける中で学習できる部分もあっていいんですけど、そうではなくて

特に理由なく色々描き試してみる時間が今ようやくできたような気がするので(いつまでかわかんないけど)

とりあえず、年初めは、しばらくやってなかったドローイングしたり(相変わらず特に成長の兆しは見えずw)




Baidu IME_2013-1-14_1-2-50


わたしあの笑っちゃうくらいドローイングめちゃくちゃ遅いんです(笑)

30秒とか絶対無理でwwじっくり見ないと描けないっていう…

正確に描こうとしすぎるんでしょうか(笑)いや、正確さ+スピードが必要なのはわかってるんですが…

まだまだ修行が足りないだけだという結論…

しかし、あれ、どう考えても描く事ねーよってアングルはパスしてしまうのってわたしだけでしょうか(笑)

何回も描いてると同じパターンのアングルばっかに当たったりとかね。

とりあえず、人体は見れば描けるとしても、空想で思うようなアングルを描けないとダメな訳で、

頭の中に3Dカメラを飼わないといけないという事ですね。







フォトショのペン入れ用の設定



そういえば、今頃ですが、

昨日からやっとフォトショで背景を描こうと思って、下書きしてフォトショを開いたんです。

前も書いたと思うんですが、基本フォトショは画像処理にしかほとんど使ってなかったので、実際描写するという

事をやりかけては、挫折を繰り返し(笑)

なんというか、やはりイラスト専用のソフトを使っていると、フォトショで描写するというのが大変めんどくさ…と

思っちゃう事が多々ありまして(笑)

それはフォトショがイラスト専用のソフトではないので、当たり前っちゃ当たり前なのかもしれないのですが、

あれですね、「ペン入れ用!」みたいなツールが用意されてない訳です。

定規はあっても漫画専用みたいに「一点透視」「二点透視」などという便利なものがサラっと用意されて

ないというのは当たり前の話なんですが、そうは言ってもあっちこっちソフトを行き来するのも面倒だし、

ある程度その場で手を加えたりもできる環境を作りたいわけです。





まぁ、元々そういうソフトですから、一から十までフォトショで全部やってしまえる方は本当にすごいなと

思っていたのですが、背景の描き込みはもしかしたらフォトショで直接やった方がいいのかもしれない…などと

思ったりしていたので、これは今の内にツールの設定しながらフォトショとお友達になるしかねぇ…

なんて意気込んで一人でやる気になってみたものの、先程も書いたとおり、

photoshopの初期のそのままのプリセットでは

ペン入れに向いたストロークのものがなく、結局自分で入抜きやら先端の調整をして作らねばならない。


ペンの設定やらほんとんどいじってなかったので、ペン入れを他のソフトでやってきたとしてもどうしても

書き足したりしないと困る事もあるので、作成…


Baidu IME_2013-1-13_23-55-14 Baidu IME_2013-1-14_0-19-10



photoshopは入抜きが苦手らしいのですが、色々調べた結果、一番マシなのかも…と落ち着いたのが

このストロークなんですが、若干うねっているのは、わたしの手の震えです(笑)

いや、あれです。SAIやクリスタみたいに手ぶれ補正がないので、ブレがまんま出てるだけです
(要は震えてんんじゃねーか)





その他、着色用にいくつか筆のストロークをいじって一日終わりました(笑)




因みに今日のTOP絵の落書きは一から全部フォトショで描いてみました。

いけるいける!!いつもとたいしてかわんない(笑)←いいのか悪いのか




よし!これで描き足しするのは大丈夫!(ほんとかよ)

とりあえず、ゆる~い感じの背景を色々試しながら描いて行ってみよう





1_20130114001708.jpg


クリスタでとりあえずガサッっとイメージだけ描いてきました。

ここからphotoshopでどこまでできるのか…わたし…(不安満開)



そして、はっきり言って今回人物は一応置いてますがどーでもいいです(笑)

2_20130114001707.jpg


ゆる~く描きたいので、描き込みはせず、フリーハンドで描けるものに限定(笑)

岩やらモノだけ形を塗りつぶし






3_20130114001705.jpg

おっと、ここらでバックの下地でも塗っておくか…とおもむろに塗りつぶして

山とか一番奥になる雲的なものもゆるく描いておく

ちなみにさっき塗りつぶした岩なども全部「上算」で表示させて重なった部分もわかるように表示





6_20130114001809.jpg


最終的に青っぽい空気にしたいので、そんな感じに調整しつつ

先程まで「上算」表示させていた岩をいよいよ着色する為に「通常」表示に切り替える







8.jpg


ひたすた岩やら生えた古木を描き込んでる最中…(無言)

フルグルが立ってる岩をただいま描き込み途中

(あとバックの岩の位置をずらしたり微調整しながら)




今のところ、こんな感じでゆるゆるに描いてみてます。

ここまでやってみて…

レイヤーの使い分けなどは、はっきり言ってどのソフトもたして変わらないので違和感はあまりなし。

物(背景)に関しては元々あまり線は入れないで描くので、photoshopでもいいかも…というか

フォトショで慣れておけばいいかも…といった感じですね。

わたしが一番思うのは、やはりパース定規やらパスやらはイラストソフトの方が使い慣れてるので

そちらのが早いと思うのであります。


どなたかの記事でフォトショでパースを引くやり方を拝見したんですが、とてつもなくめんどくさ…い…上に

時間がかかりそうなので、そこはやはり便利な方を使うのがいいんではないかと思いました。

別にパース定規がなくてもある程度ハンドで線引いてパース取ればいい話ですけどね(笑)


うまい事便利な方を上手に使いこなして自分の描くものに活かせればいいなぁと思います。







とりあえずこんな感じで、週一ペースでも完成されたものではなくて、グダグダと作成中のものを

晒してみてもいいかな~って(ただ単にネタがないだけともいうw)

恥ずかしいので、あんま晒したくないんですが、まぁ…別に減るもんじゃなし、誰が得する訳でもないですが

描いてますよアピールだけできればいいです(笑)


そういえば、去年年末にわたしのかわゆい妹分の子がひとりいるんですけどね!

ネットで忘年会したんですよね(笑)

今時だろぅ~~(笑)

てか、ひとりで酒飲むとかいうので、わたしと忘年会しようではないか…と通話しながらすごい久しぶりに

絵チャなるものをしてきました。

あの限られたレイヤーとツールで描く環境がたまらなく緊張しました(笑)

というか、普段人に見られて描く事をしてないので、画面のこっち側で手が進まなくて打ち震えてました(笑)

内弁慶です(どんなだ)

でも、たまにはああいう、環境で描くのも悪くないな…と思ったのでした。



Baidu IME_2012-12-29_2-14-15
(右のイーグはすずき姫に描いてもらいました左はわたしが震えながら描いたすずき姫のキャラw)


それでは、今週はこの辺で…

また来週お会いしましょう
(来週のネタどうしよう)←


追記


コメントありがとうございます。返信してます!

CLIP STUDIO PAINTを使って描いてみましたよ

こんにちは。

今日は久しぶりに仕事と仕事の間で久しぶりに版権イラストを描いてみました。

というのも、先日私が愛用しているIllustStudioから進化したCLIP STUDIO PAINTというソフトが

発売という事でですね!早速DLしてみました。

以前のβ版かな?であったCLIP STUDIO Labを以前このブログでも紹介した事があったのですが、

どれだけIllustStudioとComicStudioの性能を引継ぎつつ、新しい機能が追加されるのか…と期待して

今回このイラストを描かせて頂きました。ComicStudioの引継ぎの性能は

まだモノクロを描いてないのでわかりませんが、まずはカラーの方から。



セルシスの取締役の方が

描き味やパフォーマンスをより洗練させることに注力させていただきました」と書いてあるだけあって

やはり書き味に関しては、イラスタで以前から一番私の中で向上して欲しかった部分であった部分でもあり、

期待通りでした。というか期待以上かもしれません。


まだイラスタとコミスタの素材やブラシ関係の引継ぎが完了していないのですが、今年中には粗方終わる様で

ほぼ使用感覚はイラスタと変わらず、Labよりも全然ストレスを感じる事もなく、

第一印象はかなりいい印象を受けました。



イラスタ使いの方にはホントいいソフトだと思います。

これからのバージョンアップに更に期待したいです。


さて、前置きはこの辺にしまして、今回は素材がいまいちクリスタ(CLIP STUDIO PAINT)ではまだ

使えないので、下書き、ペン入れ、基本の着色までをクリスタで行い

残りの作業は、イラスタとフォトショで仕上げました。

そんな3こもソフト使ったようには到底見えない絵なんですが、それぞれのソフトの一番生かしたい部分ってのが

あるので使ってるだけで、ほとんどCLIP STUDIO PAINTで描いたようなものです。


それでは、メイキングならぬ、いつもの作業工程をお時間がある方はどうぞご覧ください。






1.イメージ


とりあえず、メインにしたいキャラのポージングのイメージをシャカっと描いてみる。


メイキング1 
折角なんでクリスタのペン関係について余談をば。

クリスタの鉛筆もペンもほんと滑らかで気持ちよかったです。

イラスタのペンのポインタ表示はペンの大きさに比例してサイズ大きくすると

キャンバスの上でもかなりでかくて、一体どこがペン先なのか

わかりにくかったのですが、それも今回設定にて色々選択できるようになり改善されてますね。

ペン先カーソル設定 


因みにこれらの設定はファイルの「環境設定」ですべて変更できます。

色々あるので、自分に合ったものをチョイスするといいですね。


上記の6つは試してみましたが、三角矢印は個人的に

「ないわ…(ヾノ・∀・`)ナイナイ」

ってなりました(笑)

今はブラシサイズと点でわかる「ブラシサイズと極小ドット」の設定で快適です。


Baidu IME_2012-6-10_3-41-21







2.アタリを元に下書き



さっきのと細かい部分若干ポーズ変えました。


メイキング2 









3.周りのイメージを書き込む


メインがだいたい決まったんで、周りをどうしようかとモヤモヤっと描きこみました。


メイキング3 









4.手前にくるメインの部分だけとりあえずペン入れで固める

この時点でおおまかに、このイラストが何階層の絵になるのか自分で計算できたので
まず手前からペン入れします。

階層と言っても自分で勝手にイラストを描く際頭で考える部分で
私の場合は一枚のレイヤーに全部を書き込むのではなく
階層にわけて仕上げていくやり方です。
簡単に言えば、「キャラクターと背景」
これで2階層といったイメージです。

今回のイラストの場合、6階層に分けて仕上げます。
着色に入ると、この6階層の中で更にフォルダ別で着色レイヤーが増えていきます。
というか6段階に分けないともうレイヤーが整理つなかいっていうだけなんですけどね(笑)
それだけ階層を分けると後々いじるのも楽なんですね。

まぁ、極端な話、最終的にレイヤーを何百枚も使って描いていたとして、
途中統合を繰り返し、最終的に6レイヤーになるといった風な感じです。
(実際は後からいじるのでそこまで統合しませんが)
メイキング4 









5.バックのキャラクターの(結構いい加減な)下書き

見たまんまです(笑)
最初のイメージの時よりかなりキャラクターを増やしました。


メイキング5 









6.バックのキャラクターのペン入れ


メイキング6 









7.着色

ようやく着色です。

一番手前のメインになる部分から仕上げます。


メイキング7 


まだクリスタのペンツールのパターンが少ないですが、基本の「水彩」「油彩」「墨」のカテゴリで

それぞれ何種類か用意されていたので、今回はすべて墨の筆で塗り、ぼかして着色しました。




8.バックのキャラクターの着色

ここまできたら、とりあえず、ひと段階終わります。

あとは背景やら加工やらになるので、クリスタにもいくらか素材は用意されてますが、時間短縮の為

IllustStudioとphotoshopへ移動

とにかく、まだIllustStudioとCLIP STUDIO PAINTのファイルの互換性がない為に

レイヤーを残したままイラスタでクリスタのファイルをそのまま開く事ができません。

なので、イラスタとクリスタどちらにも互換性のあるフォトショを介してイラスタでファイルを開けば

今のところ、レイヤーも統合されることなく開く事ができます。

メイキング8 










9.バックその他の書き込み


イラスタに帰ってきました(笑)バックのキャラクターを一旦非表示にしてその背景などを書き込んで

メインのキャラ以外のカラー調整なども一緒にしていきます。
(ちょっとうす~い感じにしました)

今回の「鬼灯の冷徹」のイラストは基本アバウトな感じが似合うので(勝手に思っている)

なんか適当な演出にしたいと思ったんですが、イザナミのバックの柄の丸サイズが

てんでバラバラなのは、アバウトさを別に狙った訳ではなく

本当にいい加減に描いたら丸が揃ってなかったっていう…

どうせ隠れるからってまた自分のアバウトさ暴露してるだけです。

いいんです!(笑)

ちゃんと子鬼灯のランプは定規使って描きましたよ!
(見えるとこだけ綺麗にする派)


メイキング9 












10.一旦仕上げ


オフにしてたキャラクターを表示させて、更に色や効果などのバランスを取ります。

なんて偉そうに言ってますが、

特にどうって勉強してる訳じゃないので、ただ単に自分の直感です。

おかしいだろ…と思われても自分の脳みそがここが濃い方が好きって言ってるんだから

これでいいんです(笑)


メイキング10 













11.最後にちょこっとせっかくフォトショ開いたんで…

わからない程度にカラー調整して、ちょこっと下に柄を書き足して遊んで終わりです。

あまり加工しすぎても「鬼徹」の雰囲気壊しかねないんで

何でもやりすぎよくないです(笑)


メイキング11 










そんなわけで、今回のイラストを仕上げるのに色々CLIP STUDIO PAINTをいじりつつ、

自分仕様のツールなどをカスタマイズしながら描いていたので、

いつもより時間がかかってしまいましたが、一度設定してしまえば、

あとは、楽ちんだし、仕事でも新しいクリスタで描いていけるようにして行きたいです。


まぁ、でもイラスタかコミスタをお持ちの方はクリスタ無料でDLできるって

もうご存知かと思いますが、絶対落としておいて損はないと思いますのでオススメします。






Baidu IME_2012-6-5_3-59-10
 

そうで無い方はDL版で5000円…これ安いと思いますよ。マジで。

5000円の機能じゃないと思うもの。

イラスタだけで5000円位してたのですよ。ほんでコミスタで12000円位だっけ?

それがクリスタだと両方の機能が備わっているといっていいんじゃないだろうか。

Baidu IME_2012-6-5_3-59-43 





また覚えるのがめんどくさいとか思うかもしれませんが、なんでも初めはめんどくさいんです。

快適とは、めんどくさい、しんどいの上に成り立つもんです。

絵を描く事も仕事も生活も全部そうです。

なので、気がむいたらメンドクサイをちょっと頑張ってやってみてください。

って私はまたセルシスのまわしもんかって話ですが、


一通り自分が通常使うツールなどはすべて調べ済なので、

体験した上での答えです。

最低限の事は把握できたので、仕事の合間に今回1週間時間潰した甲斐はあったかな~~と思います。






今月は、とりあえず、オリジナルの落書きもしてあるので、あと2回位は

更新できたらいいなぁ~とか思ってます。


今月のお仕事は、例のゲームのキャラクターデザインの続きです。

前回は主人公をお見せしましたが、次は女の子と小さい男の子です。

カラーも決まったので、来月中納期目指して頑張ります。


あと!!

今月は、別件でキャラクターを描かせて頂いたASJのオンラインゲームのご紹介ができそうです!

まだ11日からβ版が公開される予定なので、それまでは

情報の公開はできませんが、タイトルロゴも頂いてるので、

ここでお知らせさせて頂ければと思います。



武将とか偉人とかお好きな方にはいいゲームかもしれないです(笑)


それでは、今回はこの辺で。

わしが買ってるデッサン資料の紹介とか(おまけ銀魂)

Baidu IME_3



こんばんは。

今月はブログカレンダー見ても、3回位しか更新してなかったので、

ちょっと仕事も終わったっつー事で、頑張って色々描いてきました。

まずは、攘夷のラフでご挨拶です。

これ、ここから本当は服着せた状態で下書きってなるんですが、あえての上半身裸サービス(´▽`*)アハハ

つーか、銀時の頭があんまりモサモサしてないってゆ~ww

よくある間違いww

まぁ、この先ペン入れとかする時に髪型とか細かいところ修正したりするんで、いつもラフとかはだいたいで(笑)



さて、あえてのラフなんですが、今日はカテゴリも「絵の話」になっておりまして。

前回絵の話では、ソフトの話とかしてたんですが、

今回は、わしが持ってるデッサン本のご紹介をさせていただこうかと思います。


デッサン本といっても、色々ありますし、わしも似たような物を沢山持っているのですが、

どれも好きです。

あ、一個だけ「(´ε`;)ウーン…」ってのがあるな(笑)

でも、ほぼ全部人体デッサンとしては、アタリです。

その内の一つを抜粋してご紹介します。

表紙はコレです。
IMG_1369.jpg 

An Atlas of Anatomy for Artists


ペーパーバックです。

多分、デッサン本好きで持ってる方なら一度は見た事があると思います。

本屋さんでは、なかなかお見かけしませんが、Amazonなんかでは検索かけるとこれが結構出てきます。

評価も高いし、価格もペーパーバックなんでかなりお安い。

というのも、他の同じようなデッサン本は、倍以上するからです。

安いとはいえ、中身はかなり充実しております。

ただ、開いて戸惑うのは、洋書だという事ですかね(笑)
IMG_1371.jpg 

ご覧のとおりサッパリ意味がわかりません。
まぁ、あれですね。筋肉の名称とかまでキッチリ覚えたいんだって方には

少々厳しいかもしれません。でも英語得意なら全然(・∀・)オッケー!

英語ちっともできなくても、名称そんな気にしないなら全然(・∀・)オッケー!


さて、中身をそのままご紹介したいのは山々なんですが、転写はどうかと思ったので、

自分の勉強も兼ねて、お見苦しいかとは思いますが、わしの描いたデッサンで何となく中身の雰囲気を

わかってもらえればと思います。

あくまで、ガサーーっと描いてあるので、細部は目をつぶって頂きますようお願い致します(笑)

では、どうぞ。






1_20110630230716.jpg

えーと、まず、人骨がまずあるんですが、それはもうめんどくさいんで筋肉からで宜しく←いきなりかよ

結構大きく描かれているものが、筋肉の付き方の図と横に普通の肉体図ですね。

これ結構いいと思います。

(因みに筋肉と線画が重なってるパターンはありません。わしがわかりやすいように重ねてみただけです)

こういう筋肉の流れがあるから表面の表現はこうなるってのがよくわかります。

この他にも沢山載ってますよ。

2_20110630230715.jpg


腕です。

腕の上腕二頭筋とか三頭筋とか好きです←

腕は結構描く事が多いと思うので重要ですよね。

あと手もあります。

わしのデッサン汚いですけど、もっとキレイですからね!!(・ε・)


3_20110630230713.jpg

足です。

何か実際マンガにしちゃうともうちょっと足長くなっちゃうんですけど(笑)

足の曲線って何かすごいな~っていつも描いてて思います。

なんつーか、微妙な曲線で難しいですけど、好きです。

あの学生の時チャリ乗りすぎてふくらはぎの筋肉めっちゃ付いた事があったんですが、

これ描きながら、あぁ、ここの筋肉すげー鍛えたよ…とか思い出しました。

そして膝小僧も何か昔かなり適当に描いてたんですけど、いや、もはや膝なんて意識して描いてなかったな(笑)

4_20110630230731.jpg


上半身、下半身、腕、手、足の代表的な筋肉の図解が沢山あって、その後に、写真や、画家さんだか誰かが描いた

デッサンなどもあります。あ、絵画もありますよ。

すべてモノクロですが、十分だと思います。

あと上にちょこっと描いてみたんですが、男女共、年齢別にヌードの写真も並んでます。

4歳~19歳くらいまで。

これもなかなか参考になります。

すごいドアップで、きっとじぃさんの目の表情を表したものなんだろうけど、写真があったので、模写ってみました。

下のコワイじぃさんは誰かが描いてたデッサンです。よぼよぼになると筋肉も落ちてホネホネですねぇ。






とまぁ、こんな感じで続いて行きます。

後半はデッサンと絵画の写真とか多いです。

あ…今見たら、

ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ルーベンス、ゴヤ、ベサリウス、マイブリッジらによる素描や絵画、って書いてあったwww

誰かが描いたとか失礼極まりない((( ノ∀`*) 


いや、でもやっぱそういう画家様のデッサンとか載ってて貴重ですよホント←今更だけど(笑)
(あのコワイじーさんダレ描いたんだろう…ww)


有名画家の描いたデッサン模写しちゃった…アイタタタwww


まぁ、いいや(笑)

ま、それだけ充実した内容って事です。

なんせ、これで200P近くありますからね。

それで819円とかやばくね…。


他のシリーズもその内買おうかなと思ってます(*´ω`*)



さぁ、気になってたアナタも一冊いかがですか(`・ω・´)キリッ





わしは、何のまわしもんなんだろう…(^Д^)

職業病かコレww

いや、でもホントにわし色々買ってて、これはお値段の割にほんとお得だなと思ったんです。

ただ、マンガのキャラの顔を描きたいだけなの~って人には、まっこと面白くないとは思いますがww

特に男の人の体をちゃんと描けるようになりたい方にはオススメです。

勿論、女性も載ってますよ。

でも男性の筋肉メインですかね。これ。







そんな訳で、今回ちょっと頑張って一日半でこれら頑張って描いてみたんですが、

耳クソ程度には参考になりましたでしょうか。

ちょっとでもお役に立てればと思います。

こういうの見たり練習したりして、

いつもこんなの描いてますよ~ってな感じで「おまけ」

5_20110701100537.jpg

結局、そんな筋肉を書き込むことなんてないんですけどね。

でも、やっぱ知って略してるのと、知らずに略してるのとではチガウと思うんですよね。

とか言いながら、アタリも適当だし、下書きがアタリと随分ズレてたりしてますけど(人´З`)

いつもこの順番でアタリ描いて、右の下書き描いて、ペン入れ、着色の順番になります。

まぁ、これはあまりにも参考にならないただのおまけ話ですが。


それでは、タイピングしすぎて肩も凝ってきたので、今日はこのへんで。


またたまには、こういうのも勉強になるしいいかな~~と思います。

では股。




(;´ρ`)チカレタヨ・・








access
Smokefall/novel
the latest monologue

Twitter

profile

十音馬鹿 らびまる

Author:十音馬鹿 らびまる
 「画楽駄屋」

2010年~絵描き復活して万年修行中

オリジナルメインでたまに版権描き

アニメとか漫画の話題に結構疎いです

☆インテリア/雑貨/犬/服飾/アート
/写真/ロック/ナチュラル すきです☆


mail form
お仕事などの依頼はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

Favorite item



Intuos5 touch PTH-650/K0
  
                                       
CLIP STUDIO PAINT PRO

IllustStudio

ComicStudioPro 4.0

Adobe Photoshop CS6 Windows版

search
QRcodes
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。